社会人入試対策とは

 

受験勉強から社会人が受けやすいように、学力試験の負担を軽くするなどした社会人のための入学試験制度です。

 

主に書類審査、小論文、面接(口述試験)、語学で選抜され、専門科目が課されるケースはそれほど多くないです。

社会人入試では、出願書類の一部である研究計画書(大学の場合は志望理由書)と面接が重視されます

 

受験には、年齢制限や、一定年数以上の社会人経験などの条件が設けられています。

 

社会人として働きながら、大学や専門学校に通うのは、いろいろな障害がある中でなかなかできないことです。

 

理解ある企業や奨学金制度などが救いですが、何よりも本人の強い意志が必要です。

 

社会人になって、もう一度興味ある有意義な分野で学ぶ意欲は素晴らしいものですが、大学に進学するという形でなくても、人は何歳になっても学ぶ研究心を持つことが大切です。

 

社会人になって時間の余裕がある時に、今一度自分の人生や社会を見つめ直して新たなチャレンジを考えてみませんか?

使用ツール

24時間自分のペースで学べるコースです。

 

一人一人に合わせた丁寧な個別指導を行っております。

 

何回でもやり直しができ、課題は提出後にお早めに返却することを心がけております。

 

進路に迷っていても、始めると見える景色がありますので、まずはお問い合わせください。

準備した人としない人では差が歴然

 

 
 

大学受験に、一度も練習をしないで小論文を書くと偏差値30くらい。少し勉強すれば偏差値50程度に、さらに1年間しっかり勉強すれば偏差値60~70くらいになるデータが出ています。短期間でこれほど偏差値が変わることがあります。つまり小論文対策をしっかり行った人とそうでない人では、雲泥の差があるのです。社会人入試の場合、小論文と面接が課されることが多く、この2つの対策をしっかり取り組むかどうかが合否の分かれ目となります。

小論文とは何か?

 

 
 

社会人入試で必ずと言っていいほど出題される小論文。小論文と聞いて「昔から作文が苦手だったから」と二の足を踏んでいる人は多いようです。
小論文は作文とは違います。小論文とは、テーマに関して自分なりに問題提起し、それについて根拠を示し、読み手を説得させます。作文に求められる書き手の感性豊かな言い回しなどは不要で、いかに論理的で説得力ある文章を作者なりの視点で書けるかどうかが、小論文では重視されます。また受験生の各専攻分野に関する基礎知識や適性などもチェックされます。合否を分けるという小論文ですが、どういったものを書けば合格レベルと呼べるのでしょうか? 

  1. イエスかノーかの結論がはっきり下されている
  2. イエスかノーかの理由に説得力がある
  3. 人の気づかないような深みにまで踏み込んで判断を下している

 

小論を書き始めようとすると、どのように展開していくべきか悩む人がほとんどです。しかし小論文には定型があります。論理的な小論文を書くには、樋口氏が薦める下記のような4部構成の型を使うと書きやすいでしょう。

  • 第1部 問題提起
  • 第2部 意見提示
  • 第3部 展開
  • 第4部 結論

最初に設問を読み、どのような形で展開させていくか構想を練ります。次に上記の型に従ってだいたいの構成を決め、紙に書き出します。最後にこのメモに従って、それぞれの部分を一つの段落で書いて、最終的に4つの段落をつなげて完成させます。書き終えたら一通り読み、論理が通っているか、説得力ある文になっているかを確認しましょう。
以上の事を含め、色々な対策を打つことで質の高い小論文の作成が可能となります。

当校では、入念な対策を取ることで全員合格を目指しております。